メニュー

酸洗施工要領


工程 使用薬品 処理方法
脱脂 界面活性剤 ○ 浸漬・30分以上
○ 塗布・30分以上
水洗 上水 ○ 高圧 (5〜10MPa)
酸洗(不動態化) ラスノンウエル P-500
ラスノンウエル M-500F/FR
○ 浸漬・1時間以上
○ 塗布・2時間以上
水洗 上水 ○ 高圧 (5〜10MPa)
検査 pH紙 ○ 外観検査(目視)
○ pHチェック(中性確認)
乾燥 自然乾燥
強制乾燥
○ 放置
○ エアーブロー
不動態化 ラスノンウエル M-100L
ラスノンウエル M-500L
○ 浸漬・1時間以上
○ 塗布・1時間以上
水洗 上水 ○ 高圧 (5〜10MPa)
検査 pH紙 ○ pHチェック (中性確認)
10 梱包 ビニール梱包
エアーマット梱包
○ 6項の乾燥後包装
※ (1・2)、(7・8)、10は、指示の無い場合除外する。 ※ 使用する上水中の塩素イオン濃度は150ppm以下。
※ 外観検査により、社内検査基準を満たさない場合は、 ※ pH不良の場合は、4の工程を繰り返す。
   3〜6の工程を繰り返す。 ※ 酸洗剤「ラスノンウエル」についてはMSDS参照。
    (洗浄証明書は必要に応じ別添付)